読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

POP I/O.

記録と記憶、たまにアウトプット。48と46。

AKB48 44thシングル選抜発表。メンバー見ての感想とか「僕戦」との比較とか

48系列 選抜総選挙

f:id:rarzpip:20160325152511p:plain

3月21日、AKB48が行っていた写メ会の会場にて、第8回AKB48選抜総選挙の開催が発表された。

開催日:2016年6月18日(土)
開催地:HARD OFF ECOスタジアム新潟

それに伴い44thシングルの発売決定と選抜メンバーが発表された。

ここでは44thシングルについて、昨年度総選挙投票権付きシングル「僕たちは戦わない」選抜メンバーとの比較と変遷をまとめながら、少しばかりワタクシの所感を。

AKB48 44thシングル選抜メンバー決定

  • 発売日:6月1日(水)
  • センターは、12期〜ドラフト生のいわゆるヤング世代・次世代メンバーから初の抜擢となった向井地美音。

選抜メンバー一覧

選抜メンバーには以下の32名が選ばれた。

AKB48|小嶋陽菜、峯岸みなみ、渡辺麻友、柏木由紀、大家志津香、宮崎美穂、横山由依、島崎遥香、加藤玲奈、入山杏奈、武藤十夢、高橋朱里、大島涼花、岡田奈々、小嶋真子、向井地美音(センター)、川本紗矢、樋渡結依、木崎ゆりあ

チーム8|山田菜々美

SKE48|松井珠理奈、北川綾巴、後藤楽々

NMB48|山本彩、白間美瑠、須藤凜々花

HKT48|指原莉乃、宮脇咲良、兒玉遥

NGT48|北原里英、加藤美南、高倉萌香

AKB48から19名、チーム8から1名、姉妹グループから12名(各グループから3名ずつ)が選抜された。

初AKB48選抜となったメンバー

今回が初AKB48選抜となったメンバーは以下の6名。

AKB48|樋渡結依

チーム8|山田菜々美

SKE48|後藤楽々

NMB48|須藤凜々花

NGT48|加藤美南、高倉萌香

40thシングル「僕たちは戦わない」選抜との比較

昨年度総選挙の投票権付きシングルであり、直近の大量選抜でもあるのが40thシングル「僕たちは戦わない」。

ここからの変遷をみると48グループ全体の動向が見える、と思われる。

まずは選抜メンバー一覧を。

「僕たちは戦わない」選抜メンバー

選抜人数は32名。

センターは島崎遥香。

★はMVに出演しているメンバー(実質的にメディア選抜)

AKB48|川栄李奈★、小嶋陽菜★、島崎遥香★、高橋みなみ★、武藤十夢、小嶋真子、田野優花、横山由依★、大島涼花、大和田南那、川本紗矢、高橋朱里、渡辺麻友★、柏木由紀★、岡田奈々、加藤玲奈★、木﨑ゆりあ★、峯岸みなみ、向井地美音★

チーム8|坂口渚沙、中野郁海

SKE48|松井珠理奈★、北川綾巴、須田亜香里、松井玲奈★、宮澤佐江

NMB48|山本彩★、渡辺美優紀

HKT48|指原莉乃★、宮脇咲良★、兒玉遥

乃木坂46|生駒里奈★

AKB48から19名、チーム8から2名、姉妹グループはそれぞれSKE48が5名、NMB48が2名、HKT48が3名、NGT48が0名、乃木坂46が1名。

40th→44th選抜メンバーの変遷

ということで、40th「僕たちは戦わない」から44thシングルへの選抜メンバーの移り変わりを見てみる。

ザックリ言うと、

  • 卒業・総選挙辞退・交換留学解除により6枠が空き、
  • そのうちメディア選抜は4枠。
  • 現役メンバー間では5枠が入れ替わった。
  • 要するに11枠が変動した。
選抜人数

選抜人数は変わらず32名。

AKB48、HKT48は変わらずそれぞれ19枠、3枠。

NMB48は1枠、NGT48は3枠がえた。

チーム8から1枠、SKE48から2枠、乃木坂46から1枠がった。※乃木坂46は交換留学解除に伴う不参加。

センター

センターは今年も単独センターとなる模様。

AKB48から向井地美音が抜擢され、「僕たちは戦わない」センターを務めた島崎遥香から向井地美音へタスキが渡される形となった。

40th選抜→44th不選出となったメンバー

f:id:rarzpip:20160325152602j:plain

40th「僕たちは戦わない」選抜メンバーのうち44thシングル選抜に選ばれなかったメンバーは以下の11名。

★は「僕たちは戦わない」MVに出演しているメンバー(実質的にメディア選抜)

AKB48|高橋みなみ★、川栄李奈★、田野優花、大和田南那

チーム8|坂口渚沙、中野郁海

SKE48|松井玲奈★、宮澤佐江、須田亜香里

NMB48|渡辺美優紀

乃木坂46|生駒里奈★

高橋みなみ、川栄李奈、松井玲奈、宮澤佐江は卒業に伴う不参加。

生駒里奈は交換留学解除に伴う不参加。

渡辺美優紀は総選挙辞退に伴う不参加。

田野優花、大和田南那、坂口渚沙、中野郁海、須田亜香里は入れ替え

メディア選抜は16枠のうち高橋みなみ、川栄李奈、松井玲奈、生駒里奈の4枠が空いた。

40th以前の選抜から復帰したメンバー

ちなみに、直近の大量選抜からさらに以前の選抜から復帰したメンバーは3名。

AKB48|大家志津香 「鈴懸なんちゃら」以来の復帰。

AKB48|宮崎美穂 「Everyday、カチューシャ」以来の復帰。

NMB48|白間美瑠 「希望的リフレイン」以来の復帰。

変遷を見て

44th選抜に関して明らかなことが一つある。

まず改めて見てみると……

大家志津香、宮崎美穂が久しぶりの選抜復帰となる。大家に関してはじゃんけん選抜ではない初めての選抜。

白間美瑠も復帰。

チーム8からは坂口渚沙でも中野郁海でもなく山田菜々美。

「M.T.に捧ぐ」公演初日にて昇格が決まった樋渡結依が初選抜。

そういま挙げたメンバーは全員、横山チームA。

一方で大和田南那が選抜落ち。彼女もチームAだ。

チームA高橋みなみ卒業後のシングルだからとチームAに固執する必要性があるのかは疑問符がついてしまうが、ともかくチームA周りのアレコレをコネコネした印象の強いシングルとなった。

他は向井地美音の単独センター抜擢と、渡辺美優紀の総選抜と総選挙辞退が大きなトピックか。

1年前「僕たちは戦わない」でセンターを務めた島崎から、正式に向井地へ移行。

渡辺の動向は気掛かりではあるが、卒業も含め時期的には頃合いであるように思う。ここ最近の彼女を見ていれば、内に秘めたる想いがあるのが誰の目にも明らかだったので、あまり驚きはない。まあ、NMB48として見ると総選挙の層が一段と薄くなってしまうが……。

44thシングル選抜メンバーを見て思うこといくつか

向井地美音のセンター抜擢について

f:id:rarzpip:20160325152641j:plain

向井地美音がセンターに抜擢された。

48グループのヤング世代というと、AKB48は12期〜、SKE48は5期〜、NMB48は3期〜、HKT48は2期からと個人的には線引きをさせていただいている。

AKB48を除けば各グループともセンター経験者を出しているし、戦力的にも"今の世代"を担っている。

AKB48はダメなのかというと、全くそんなことはない。

むしろ良い。実質的には12期以降にそうした主戦力の変遷をとうに済ましている。48グループ全体を俯瞰で見れる方であれば、AKBが最も層が厚いことに異論などないはず。

田野優花は山本彩に匹敵するかそれ以上の実力者。高橋朱里の能力の高さや人間性の奥深さは信頼に値するし、武藤十夢はヤング世代から選挙選抜一番乗り、だがそれだけではない誠実な人柄を持つ。バラエティでは西野未姫がいる。込山榛香の負けん気の強さにも期待ができる。樋渡結依の独創性。ひとつ掘り下げれば茂木忍や大森美優なんかもいる。他にもたくさん。この世代は類を見ない豊作。

それでもシングルのセンターというと未出であったのが、これまで。今回向井地美音が選ばれようやくという形だ。

ヤング世代や48グループの先頭に立つ存在となってくれることを願う。

大和田南那の選抜落ちについて

一方で、向井地美音と同期の大和田南那が選抜に選ばれなかった。

向井地美音がセンターとなるこのタイミングで選抜から落としたのは、久しぶりに「よくぞ」と思った。嫌いで言ってるわけではなく。

大和田南那というと、とかく最近は「太った」と言われがちな印象もある。理にかなわない出来事が多いわりに、体型維持に関しては徹底して厳しいのが48グループ。ある意味その徹底ぶりも理にかなっていないもののひとつといえるが、とにかく体型問題で潮流が変わりだしていた。

ただ思うにそれは決め手に過ぎなかったのだろうなと。体型以上に彼女は多くのチャンスを取りこぼして今日まできてしまい、いまは加入当初の期待値を大きく下回っているのが実情。

個人的には、ルックスは圧倒的なものだと分かるし、場を搔き回す力もあって、彼女の価値は理解できる。それに年頃の女の子がふくよかになるのは仕方のないことで、メンバーの体型をとやかく言うのは高校卒業してからでもいいんでないの?とは思う。

そう言いつつも、握手会での対応や公演などでのパフォーマンスは肯定するにはやや厳しいものがある。べつに、握手会が全てとはまったく思わないのだが、やはり土台ではあるので……。

その土台を軽視すれば(or してるように見えれば)形勢が悪化する。不可避のことだ。もちろん他にも僕の知らない部分で色々とあるのだろう。島崎遥香や入山杏奈はオイシイ時期に加入して大手事務所にも所属しているから許されるいわば特例ということだ。いまどきの若手じゃそうはいかないんだろう。

大和田南那の立つセンター候補だとかエース候補といった道には、谷口めぐや川本紗矢、樋渡結依、上にも小嶋真子など、群雄割拠というよりビンの中にギュウギュウに詰められているといったほうがいいくらいだ。そうしたメンバーを扱いきれていないうちにも、大和田南那は別格に多くのチャンスを与えられてきた。

同期なら谷口めぐ以外に込山榛香もいる。有望なメンバーだ。彼女らとの対比で見られもするだろう。

諸々あって、もう大和田南那が15期の2番手としても推されとしても潮流が変わっていき、安泰とは言えなくなっていたことは多くの人が感じていたはず。

そんななか同期ツートップの片割れである向井地美音がセンターになり、かたや大和田南那は選抜落ち。

先にも言ったが「よくぞやった」と思ってしまった。このタイミングで落としたのはおもしろい。否が応でも自分と向き合わせたいんだなと。

48グループのセンターに立った向井地美音。今作はAKB48から19人が選抜されたが、対する大和田南那はそこより下にまで陥落ということになる。ふたりの距離の顕在化。この采配はゾクッときた。

それは期待の表れであるし、同時に、運営方針的にこれでダメなら他の子に切り替えていくことだって念頭に置いてないとは言えない。

踏ん張れるかどうか。はてさて。


諸々、以上。えらくながいの書いてしもうた。ではまた。