定点観測8.6

48系と46系を一歩引いたところから定点観測

山本彩1位 Google Trendの3大項目でAKB48グループメンバーの人気動向を調べたらこんな総合人気ランキングができました2017

f:id:rarzpip:20170225153042j:plain

メンバーの関心度・人気度がどんなもんかというのは誰しも気になってしまうものです。

AKB48グループの場合「握手会完売状況」や「選抜総選挙」などである程度把握することはできますね。

しかし、より広い関心はどこにあるのかを知るにはこれらではなかなか難しいです。

ではどうするかというと、「Google トレンド」というWebサービスを使って調べてみます。

そしてせっかくなので「ウェブ検索」「画像検索」「Youtube検索」という3つの領域でメンバーを徹底的に比較してみたいと思います。

Google Trendとは

と、その前にGoogle Trendとは?について今一度簡単に説明させていただきます。

ご存知のとおり、Googleは世界一、傘下のYoutubeは世界二位のアクセスが集まるサイトです。ではその利用者にはどんなものが人気なのか?どんなことが関心を持たれているのか?こうした動向を知ることができるのが「Google Trend」です。

例えばこんな風に↓

f:id:rarzpip:20170225151536p:plain

壮大ですね。

サービスの提供元はGoogle。信頼度は担保されています。ただしGoogleといえど完全に完璧ではないので、検索のタイミングなどで若干誤差が生じることもあるかもしれません。その点はご理解ください。

Google Trendでアイドルの何が分かる?

関心度・人気度がわかると言っても、アイドルを対象とする場合、具体的にどういった需要なんでしょうか。利用者の行動心理を考えてみます。

「画像検索」これは可愛い画像やグラビアなど言わば”静的”なコンテンツとしての需要でしょう。例えばHKTのグラビアクイーン・田中優香さんはここが突出しています。

対して「Youtube検索」で得られるものはテレビ番組、コンサート、ラジオ音源など動いたり喋ったりする彼女たちの姿。つまり”動的”な需要だと思います。NMBを揺らす震源地・須藤凛々花さんはここが突出しています。

「ウェブ検索」はもう少しぼんやりとした、あるいは逆に完全に明確な目的を持った興味・関心かもしれませんね。

いずれもファンの動向に限定されない広い範囲の声まで掬い上げることができます。

ランキング集計方法

  • 比較検索によって算出された平均値の優劣で順位付け
  • 対象はAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48の在籍メンバー(卒業発表済みメンバーは除外)
  • はじめに各指標の上位48名に加点、最後にその合計点で総合順位を決定
  • 得点は、1位:48pt、2位:47pt....48位:1ptとして集計
  • 山口真帆は除外(例の配信事件があまりにイレギュラーでありランキングのノイズになるとブログ主が判断したため。スミマセン)

検索条件

  • 検索キーワード: メンバー名
  • 検索領域:「ウェブ検索」「画像検索」「Youtube検索」
  • 検索期間の日数:「12ヶ月間」(2016年02月14日~2017年02月11日)
  • 地域:「すべての国」
  • 検索カテゴリー:「すべてのカテゴリー」

 

こんな感じでいきます!

それでは上位16名からどうぞ。

関連 総合1位は指原莉乃 6つの指標で判明したAKB48グループ総合人気ランキングベスト48 2017 - POP I/O.

1位~16位

スマホの方はスクロールできるかも→

順位メンバーウェブ検索画像検索Youtube検索
1 山本彩 144 48 48 48
2 指原莉乃 141 47 47 47
3 柏木由紀 138 46 46 46
4 渡辺麻友 134 44 45 45
5 宮脇咲良 133 45 44 44
6 横山由依 128 42 43 43
6 松井珠理奈 128 43 43 42
8 向井地美音 120 40 40 40
9 峯岸みなみ 118 41 41 36
10 岡田奈々 115 39 36 40
11 木崎ゆりあ 108 35 35 38
11 白間美瑠 108 36 38 34
13 入山杏奈 105 38 40 27
14 小嶋真子 101 30 30 41
15 北原里英 099 33 34 32
16 高橋朱里 090 26 29 35

解説

1位は3項目全てで1位となった山本彩さんでした。すごいですね。次いで指原さん、柏木さんが並びます。さすがに上位はほぼ固定されていますね。ほか、AKBの若いメンバーを中心にランクイン。そこに高い関心が集まっていることがわかります。

珠理奈さんと横山さんはどの指標でもほんとに接戦でした。そしてそのふたりに向井地さんが迫るという感じ。

真子さんや朱里さんはYoutube検索での好成績が特に効いてますね。

16位までみて面白いなと思ったのが、総選挙上位のメンツとかなり重なるんですよ。総選挙の順位は実人気と異なると言われますが、確かにNMBが弱くSKEが強い傾向はありますが、第一党のAKBやHKTは乖離というほどのギャップはないように思います。これについては17位以降も是非確認してみてください。

17位~48位

スマホの方はスクロールできるかも→

順位メンバーウェブ検索画像検索Youtube検索
17 加藤玲奈 89 30 31 28
18 兒玉遥 85 37 37 11
18 矢吹奈子 85 26 27 32
20 吉田朱里 84 23 23 38
21 朝長美桜 83 31 33 19
22 須田亜香里 79 34 28 17
23 市川美織 76 32 32 12
24 松岡はな 74 27 23 24
25 武藤十夢 73 30 26 17
26 大場美奈 69 19 25 25
27 中井りか 67 21 13 33
28 太田夢莉 66 21 24 21
29 小栗有以 60 19 19 22
30 須藤凛々花 57 14 11 32
31 木下百花 51 19 12 20
32 渋谷凪咲 48 13 11 24
33 高柳明音 42 10 06 26
34 大家志津香 40 24 16 00
35 島田晴香 39 22 17 00
36 田中美久 38 15 21 02
37 宮崎美穂 33 16 08 09
37 横山結衣 33 00 01 32
39 森保まどか 31 11 15 05
40 松岡菜摘 27 08 19 00
41 矢倉楓子 26 12 14 00
41 田中優香 26 06 20 00
43 込山榛香 25 07 01 17
44 松村香織 23 04 00 19
45 田島芽瑠 18 09 09 00
46 小田えりな 17 00 00 17
47 古畑奈和 14 00 08 06
48 坂口渚沙 13 00 00 13

解説

※編集中。

49位~58位

以下のメンバーは、加点はありましたが惜しくも48位圏内には入れませんでした。参考までに載せておきます。

スマホの方はスクロールできるかも→

順位メンバーウェブ検索画像検索Youtube検索
49 谷真理佳 10 00 00 10
50 田野優花 09 05 04 00
51 倉野尾成美 08 00 00 08
52 山田菜々美 07 00 00 07
53 谷口めぐ 06 01 05 00
54 川本紗矢 05 03 02 00
55 岡部麟 04 00 00 04
56 村山彩希 03 03 00 00
56 早坂つむぎ 03 00 00 03
58 小嶋菜月 01 01 00 00
58 大島涼花 01 00 00 01

以下得点なし。

総評

※編集中。

終わりに(余談)

3つの指標で多角的に調べよう!と意気込んで始めたはいいものの作業量の多さに心が折れかけました。でも実態が把握できたので自分的には満足してます。

ちなみに関連してこんな記事もあるので軽く覗きにきていただけたら幸いです。

総合1位は指原莉乃 6つの指標で判明したAKB48グループ総合人気ランキングベスト48 2017 - POP I/O.

思うにアイドルのファンって、ひとつの傾向として「客観的・理性的に物事を見るのが苦手」なんですよね(あくまで傾向です。そうじゃない方もたくさんいます)。偏ったところに立ち、批判にすらなってないトンチンカンなヘイト(憎悪)を巻き散らかす方も珍しくないです。

言われたファンの中には「○○ちゃん、ダメなのかな」と思ってしまう方もいるでしょう。ホントはそれこそ思うツボなんです。批判の論拠を示せないものは、すべて根拠のない主観であり、この場合ただの誹謗中傷にすぎません。もしあなたが客観的にメンバーのことを相対化して見れていたら、軽く受け流せる場合もあるでしょう(そして殆どが聞くに値しないものだと分かるはずです)。逆も然りで、話の通じない信者になるのを避けることができます。情報の取捨選択、つまりリテラシーというやつです。客観視、すげー大事っす。

とかなんとか。別にこの記事はそんなああだこうだのためだけに作成したわけではないんですけど、偏らないためにも一歩引いて見る意識は常に持っていたいと思います。

ではまた。