読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

POP I/O.

記録と記憶、たまにアウトプット。48と46。

「その時、私の役目は終わった」倉持明日香の心を決定付けた、ある若手の話

f:id:rarzpip:20150721194329p:image

AKB48の倉持明日香が卒業を発表した。彼女はチームBのキャプテンだった。昨年、同チームで敢行した全国ツアーの際、後輩の成長を垣間見たという倉持。そのとき「私の役目は終わった」と感じたとのこと。

卒業発表に関しての彼女のブログを読んで、ある若手のメンバーと、そのメンバーについて語られているある対談を思い出した。

以下、まずは倉持のブログから抜粋。

組閣でチームBのキャプテンになり
今まで、キャプテンという立場を経験したことがなかった私にとって
毎日が新鮮で毎日が勉強でした。


去年チームでツアーをさせていただいた時に、たくさんの後輩たちの成長を感じることができました。
表に見えるパフォーマンスだけでなく、MCだったりレッスンの時だったり…


その時、私の役目は終わった気がしました。
今まで苦手だった、チームをまとめるということも
1人1人のことを見るということも克服できたような気がします。

こんなに心から大好きになれたチームだからこそ
このチームで卒業したいって思いました。

発表|倉持明日香 オフィシャルブログ

 

思い出したのは、2014年のAKB新聞8月号で、宮澤佐江、柏木由紀、横山由依がピックアップされた時の対談記事だ。3人はこう語る。

 

柏木 Bは高橋朱里。

宮澤 朱里いいよねー

柏木 私のアンダーポジションでも出ているんですけど、MCの仕切りもやっていて、まとめられるし、おもしろいことも言うし。そしてとにかく熱い。全国ツアーのリハーサルでシングル曲をやる時に、私とかもっちぃとか、もともとできるメンバーは待っていて、まだ分からない10人くらいの若いメンバーだけが、先にレッスンする流れだったんです。そしたら朱里が急に泣き出して。「なんでみんな、こんなんなんですか。先輩たちが待ってくれて・・・。この日のリハがあるって分かってたのに、なんで、みんなやってこないんですか」って言ってくれたんです。後輩たちをどうにかしたいっていう気持ちを、すごく持っている。そういう意味では(大島)涼花もいいですよ。朱里と涼花は、めっちゃいい。

横山 やった~。

宮澤 由依が育てた2人だもんね。

横山 手塩にかけましたから(ドヤ顔)。嬉しいです。朱里は「チームBでこういうことがあって、これは誰に言ったら、全員に伝わりますか」みたいなことを凄く相談してくる。すごく大人になったと思う。ふたりとも、メンタル的に大丈夫かなと思う時もあったけど、すごく良くなってきていますね。

柏木 元チームA、めっちゃいいよ。

 f:id:rarzpip:20150721192354j:plain

倉持が「私の役目は終わった」と感じ、安心して卒業していけると感じた決定的な場面とはまさにこれのことなのだろう。

学べるキャプテンがいた幸福と、学んでくれる後輩がいた幸福。AKBは、ゴッコ遊びのように組閣を頻発するため、各チームの色であるとか、ファンを含めた結束だったりは年々薄れている。それでも、その場所にいる意味というものはそれぞれに残されているのかもしれないな。

 

最後に、倉持明日香が高橋朱里とまだ同じチームになる前のエピソードが書かれたブログを残して終わろうと思う。

あとね!

今日、嬉しいことがあったの~っ

朱里ちゃんにホットケーキ食べたいってリハーサルのときに話してたら

なんと!

今日早起きして作ってきてくれたのだ(*´ω`*)

 

嬉しい!

 

朱里ちゃんとは
真夏のSounds good!のMVで
ペアダンスが一緒だったり
立ち位置が近くて仲良くなったのです

かわいいかわいい妹で
なにって初めて見たときから顔がめちゃくちゃタイプ(笑)

チームは違うけど
かわいいかわいい後輩です(´▽`)

朱里ちゃんにパンを作る約束したから
ちゃんと作ります

朱里ちゃんに言われたら
すぐ作っちゃうんだから、私(笑)

引用元:(夏・ω・)ノ|倉持明日香 オフィシャルブログ powered by Ameba